吉田山   1450m  A

吉田山登山口 吉田山展望台


 小八郎岳と風越山の中間に位置する山で、見上げればいかにも里山という感じの山。田沢川と大島川を両脇に従えてどっかと座っている。
 県道の飯島飯田線、上市田の信号の飯田よりに商店があるが、この前を山に向かって入っていく。大島川沿いの道を登っていくと浄水場が出てくるが、この上の三叉路を右に入ると堂所の森公園となる。ここに駐車場があるので車はここに。
 良く手入れされた桧の植林地から入っていく。桧林をそのまま行くと伐採地に出る。広葉樹を見事に切り倒し針葉樹が植えてある。おそらくは何かの申し訳の為だろう、わずかに広葉樹を残してある。まったくどうして行政というのはこいう考えしか出来ないのだろう??横道にそれてしまった。さらに登っていくとようやく山らしくなって、雑木林の気持ちの良い登りだ。やがて唐松の人工林を横切ると展望台に出る。ここはキャンプ場らしいのだが、トイレは朽ちているし水場はどこだか解らないしなんともひどいものだ。ここからは山登りらしくなり、30分ほどで頂上に着く。だが展望はないので、お弁当をたべるのなら展望台、いやキャンプ場の方が良いだろう。南アルプスと伊那谷の眺めが良い。帰りは来た道を戻ろう。
 この山はもう一つ登山道が有るのだが、そちらは途中から道が不明瞭なので紹介しない。

コースタイム : 堂所の森公園 ==(1時間)==> キャンプ場 ==(30分)==> 山頂

         山頂 ==(40分)==> 堂所の森公園